出張買取専門店「買取110番」。
即日出張で不用品をすぐ現金化。
口コミサイト1位記録、メディア出演実績多数で安心宣言。

10周年
出張買取専門店
出張買取専門店買取110番

24時間年中無休!お気軽にお問い合わせください 年中無休!お気軽にお電話下さい。
24時間問い合わせ受付中!

買取110番 イメージキャラクター 買取ヘルプマン
買取110番 イメージキャラクター 買取ヘルプマン

部屋を片付けるなら物を捨てよう




新学期、転勤、異動など、3月は新しい生活環境を整えるのに最適な時期です。あなたも清々しいスタートを切るためにお部屋の片付けを始めてみてはいかがでしょうか?
という事で、今回は「部屋の片づけ」についてお話いたします。

片付けが苦手な人の多くは、
・「捨てるのはもったいない」
・「いつか使うかもしれない」
・「壊れていない、まだ使える」
こんな考えで必要以上に物を溜め込んでいることが多いです。押し入れ等に無理やり詰め込んだり、収納場所を増やしても物が減ってなければまた溢れます。
物を捨ててすっきりすれば気分もよくなりますし、物が減ったことにより探し物も見つけやすくなります。なによりも物が減り、収納の為に置いていた家具も不要になれば自分のスペースも広がります。もったいないと思うなら不要品で埋まるスペースがもったいないと考えるべきです。

捨てるコツ

捨てる基準を設けましょう。捨てようと思った際に「もったいない」「いつか使うかも 」「まだ使えるし」と、迷いが生じるから捨てられないのです。基準を設けてそれに従え ば迷うことも無くなるはずです。 例えば ・1年以上使っていない ・類似品を持っている ・壊れている ・また買おうと思わない ・流行り・好みではなくなった このように明確に基準を明確にし、それに従えば迷うことなく捨てられます。
購入当時の価値で考えずに今の価値で考えることも重要です。高かったからといって使 わないものを残しても意味がありません。今の価値で考えて価値が低いなら捨てて、価値 が高いなら売ってそのお金で別のことをした方が有意義といえます。

いきなりすべての場所を片付ける必要はありません。今日はキッチン棚、今日はクロー ゼットといったように場所ごとに少しずつ実施しましょう。少しずつやれば片付けた実感 が湧きやすく、モチベーション維持に繋がります。

無理に捨てる必要はない

買戻しが出来ない思い出の品などは無理に捨てる必要はありません。どうしても減らし たいならデジタル化しましょう。アルバムなどであればデジタル化のサービスを利用すれ ばキレイに残せますし、スマホのカメラで撮影して残すのも手です。トロフィーや貰い物 もスマホのカメラで撮影しておけば思い返すには十分でしょう。それでも捨てたくないの であれば無理せず残しておきます。

さいごに

うまくいけば快適な空間を手に入りますし、捨てることによって自分が本当に必要とし ているものが分かり、無駄な物を買うことも減って節約にも繋がることでしょう。
捨てるもの・残すものを自分で選別できない方は、あえて自分でせずに知人や不用品回 収業者など他の人に頼むのも手です。人それぞれ物に対する価値観が違うので、愛着や思 い出などに縛られず不用品を処分することができます。ただ、自分にとって本当に必要な 物は自分以外では選別できないので、あらかじめ伝えておくか別の場所に置いておくなど の配慮が必要です。